週刊スカイライダードローンの性能について

予定では本日、週刊スカイライダードローンの2号の組み立てについての投稿をする予定でしたが誤って定期購読ではなく創刊号の単品購入の契約をしてしまっていたようなので今回は週刊スカイライダードローンの性能について書いていきたいと思います。(定期購読は本日申し込みました。) 内容としては世界的に最も普及しているドローンだと思われるDJI社のPhantom2の性能を基準にしたものを以下に書いていきますので宜しくお願いします。 まず、スカイライダードローンの性能の中で個人的に最も気になった点は飛行時間ですね。バッテリーの容量が少ないのか9~10分程度とされています。これはPhantom2の25分に比べるとかなり劣ります。しかし、スカイライダードローンはバッテリーの価格が3900円と非常に安い事からこれは仕方ないのかもしれません。(ちなみにPhantom2のバッテリーは16000円位します。)バッテリーに関しては容量の大きいものも別売りしてくれれば有難いと考えています。 スピードに関してはスカイライダードローンの方がPhantom2よりも早いようです。上昇速度に関してはやや劣りますが前進スピードは5m/秒ほど早いのでこれはかなり違うのではないでしょうか。また、旋回スピード(ヨーイング速度)もやや上回っているようです。最大傾斜角度も10度ほど違います。 サイズも少し違いますね、スカイライダードローンの方が大きくてやや重いです。また、4本のシャフトをたたむ機能がついているのもスカイライダードローンの特徴です。 カメラについてはPhantom2が上回っています。通常のPhantom2は標準ではカメラはついていませんが、別売りのGoProのカメラは非常に性能が良いですし、Phantom2 Vision+に標準でついているカメラは1400万画素(4384×3288)で録画も1080pである事からスカイライダードローンの1280×720、720Pとは性能に明らかな差があるようです。しかし、これについてもスカイライダードローンのカメラは3900円と非常に安価である事からしょうがないのかもしれません。また、スカイライダードローンは別にアクションカムも搭載できるという事なので画質に拘る方はそちらに期待しましょう。 最後にスカイライダードローンはスマートフォンなどと接続する機能がないようなのでFPVができないという特徴があります。FPVとは本体のカメラに映っている映像をリアルタイムで見ながら操作できる機能なのですが公式サイトにはこれについて一切書かれていません。目視でのみ操作する方にはあまり関係のない機能ですが写真や動画を撮る際にも便利な機能なので個人的にはFPVは欲しかった機能ですね。 スカイライダードローンの性能については以上です。少しでも参考になれば幸いです。

(Visited 13 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る